入れ歯(義歯)|神戸市東灘区の歯医者なら、かねむら歯科医院へお越しください

  • 078-435-0880

    診療時間
    9:30~12:30 / 14:30~19:30
    診療日
    土曜午後/日曜/祝日

入れ歯(義歯)

入れ歯について

入れ歯は決して見た目だけのためのものではありません。せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、入れ歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯ぐきが痛いなどさまざまです。

当院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)を重視し、保険対応の入れ歯から、自費の入れ歯など様々な入れ歯(義歯)に対応しています。

入れ歯の種類

総入れ歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。
健康保険適用の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作製いたします。
健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

保険適用入れ歯『レジン床義歯』

レジン床義歯とは、プラスチック製の入れ歯で、健康保険が適用されるものになります。
食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。

保険適用外入れ歯『ノンクラスプデンチャー』

金属のバネがない入れ歯

ノンクラスプデンチャーは金具を使わないため、 見た目がとても美しく、入れ歯を装着しているかどうかわからない程です。
審美的に非常に有効な素材となっております。
また適度に柔らかく、装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないです。
更に壊れにくいのも特徴ですが自費診療(保険適用外)になります。

ノンスクラプデンチャーのメリット

自然な美しさ

従来の部分入れ歯にみられる金属のバネがありません。大きく口を開けても入れ歯だと判らないほど自然で美しい口元に。口元を気にすることなく会話も気分もはずみます。

快適なつけ心地

適度な柔らかさとしなやかさを持ち合わせており、入れ歯のつけ心地が良く違和感も少ないので、食事や会話も気持ちよく楽しめます。

歯にも優しい

残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、金属バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は残っている歯に対する負担が少なく、しっかりと入れ歯を固定できます。しっかり噛めて、残っている歯の健康も維持します。

ページトップへ戻る